トップ阿賀野川土地改良区の概要 > 事業

事  業

これまでに当区管内で施行された主な事業を紹介します。

事業種別(エクセルで閲覧) 内   容
国営事業 (昭和16年度〜)  地域が広く水が足りない農地には、大きなダムや川を直接堰き止めて水を取る頭首工、ポンプ、水路等が必要です。これらの施設を造るには、技術やお金、また人がたくさん必要なため、国が直接工事するのが国営事業です。採択条件は受益面積が畑の場合1,000ha以上、水田の場合は3,000ha以上であり、ダムや頭首工、水路、ポンプ場等が造られます。
 この国営事業のおかげで、当地域には「阿賀野川頭首工」や「国営右岸・西部・新江幹線用水路」などで用水が安定的に確保され、排水は「新井郷川排水機場」や「駒林川・旧小里川」など抜本的に改良され、特に地域の洪水時には被害を最小限にまで抑えることが可能になりました。

  
   阿賀野川頭首工(阿賀野市小松)    新井郷川排水機場(新潟市北区濁川)
県営事業 (昭和29年度〜)  大規模な施設は国営事業で進めますが、中規模的な基幹工事や国営事業に接続する農業用施設の新設、廃止または変更を県が直接工事をするのが県営事業です。
 これまで当管内では、農業経営の安定に資するためいくつものかんがい排水事業や、ほ場整備事業等が実施されてきました。
 特に国営附帯県営かんがい排水事業「阿賀野川右岸地区」は、国営事業の施設に接続する基幹用水路の新設及び改修により、概ね9,000haの耕地を潤し、農業経営を飛躍的に発展させた事業です。

  
     賀慶用水路(阿賀野市天神堂)      長起揚水機場(阿賀野市下一分)
団体営事業 (昭和6年度〜)  団体営事業とは、事業主体が土地改良区で、国、県の補助を受け実施する事業です。
 当管内では、農業基盤の充実強化のため古くから区画整理事業やかんがい排水事業など実施してまいりましたが、近年では施設を改修するだけでなく、コスト低減や資源の有効活用の観点から、既存の用排水路やポンプ場などの施設の長寿命化と施設本来の機能回復を図るため保全対策事業等に取り組んでいます。
  
   関屋大川排水機場(阿賀野市関屋)       新保線用水路 ボックス暗渠
                                 (阿賀野市六野瀬)
県単事業(昭和45年度〜)  県単事業(地方単独事業)とは、事業主体が土地改良区で、県が国の補助を受けずに県独自の財源で補助を受けて実施する事業です。これまで数百件以上の事業が実施されていますが、近年では地方財政も厳しく、減少傾向にあります。
  
    上野地排水路(阿賀野市大野地)     大野地用水路(阿賀野市大野地)
区画整理事業 (土地改良区営)
                 (昭和27年度〜)
 土地改良区が主体となって実施した、区画整理事業をまとめました。
 耕地整理の歴史はたいへん古く、まさに先人たちの苦労があって現在の美田があるのだと重く感じます。


※上記以外にも、多数の事業(工事)があるかと思われますが、調査できる範囲で記載しております。
  すべての事業を記載しておりませんので、ご了承ください。
※土地改良施設維持管理適正化事業、維持管理事業等は除いています。